デオドランドを付けても臭い原因とは?

 

デオドランド,臭い

 

デオドランドを付けても臭い原因は、清潔な状態ではない事です。脇には常在菌が住み着いていて、常在菌が汗の成分を分解して臭いを発生させます。常在菌は時間と共に増えていくため、デオドランドを塗るタイミングが非常に重要です。

 

デオドランドは製品により効果が全く違い、特に薬局で売られている一般向けのデオドランドは比較的効き目が薄く効果が持続しにくいです。普通の人が使う分にはそこそこ効果はあるが、塗り直しをする前提で作られているものもあり時間が経つと簡単に汗で流れてしまいます。

 

汗を止める力も弱いため、洋服に汗が吸収されてしまいます。デオドランドで最も手軽であるのがスプレータイプで、手が汚れないで数秒で塗れてとても楽です。しかしその分汗で流れやすく、効果が持続しにくいためおすすめ出来ないです。

 

汗で流れたパウダーは、汗と一緒に洋服に吸収されてしまうため更に強烈な臭いになります。女性は腋毛の処理を行っているため、毛穴を把握しにくいです。脇汗が出る範囲よりも狭く塗っていると、塗れていない部分から臭いが強い汗が出てしまって洋服に付着して臭います。

 

普通の人よりも汗を掻く量が多い人は、デオドランドを塗っても汗が止まらないで洋服に大量に汗が吸収されて臭う事があります。これはワキガの人に多いタイプで、肌から出る臭いは抑える事が出来ても服が臭ってしまい塗った意味がなくなります。

デオトラントにはどんなタイプがあり、どんな種類があるのか?

 

デオドランド,臭い

 

デオトラントには色々なタイプが出ていますが、種類として主に5つ挙げられます。

 

1つ目は「スプレータイプ」です。最も一般的なタイプで、直接臭いが気になるところに触れることなく利用できます。片手で簡単に使える手軽さが魅力で、速乾性に優れていますが、皮膚に密着しにくいので制汗や消臭効果は期待できません。

 

ちょっと臭いや汗が気になる人に向いています。

 

2つ目は「ロールオンタイプ」です。先端にコロコロ転がるローラーがついてて、直接肌に塗り込んで使うタイプです。肌にしっかりと定着するので効果が期待できます。ジェル状になっているものが多いので、塗って乾くまでに少し時間がかかることとローラー部分が何度も肌に当たるので衛生面での心配があります。

 

3つ目は「スティックタイプ」です。成分が固形状に固められてるもので、肌に塗り込んで使います。冬場など寒い時期に使うのがおススメです。清涼成分が少ないのでスースーするのが苦手な人にも向いています。

 

4つ目は「クリームタイプ」です。必要な分だけ手にとって塗り込みます。伸びが良くしっかりと塗り込めます。手が汚れてしまうのが難点ですが、必要な分だけ手に取って使うので衛生的に良い利点もあります。

 

5つ目は「シートタイプ」です。拭きとるだけで汗や臭いを取り、サッパリとさせてくれます。パウダーが付いてるものを使えばサラサラ感が長続きします。音も出ないので最も手軽に使用できますが、ゴミが出ることと制汗効果は殆どなく、肌を綺麗にしたい目的で使います。

 

デオトラントには色々な種類があるので、効果を重視したいか衛生面を重視したいかなど自分の目的に合わせて選ぶのが良いです。

デオトラント製品は加齢臭対策にも効果が期待できるのか?

 

デオドランド,臭い

 

汗の臭いを抑えるデオトラント製品は加齢臭にも効果があるのかと言うと、結論から言えば加齢臭対策としては向かないです。それは、加齢臭は皮脂によって臭いを発するからです。

 

皮脂は汗をかいていなくても皮膚から分泌されるので、汗を抑えたり、汗臭を抑えるデオトラント製品を使っても皮脂が原因で不快な臭いを発してしまう加齢臭には全く意味が無いのです。加齢臭対策にはデオトラント製品ではなく、皮脂の臭いを抑える加齢臭に効果的なボディーソープで洗うケアが有効となります。

 

加齢臭対策と汗の臭い対策は根本が違い、加齢臭は汗で臭いが出るのではなく、皮脂を抑える効果のあるケア製品で対策をする必要があるため、制汗効果に特化したデオトラント製品では加齢臭のケアは出来ないのです。

 

加齢臭と汗の臭いは一緒ではないので、制汗効果のあるデオトラント製品を使っても加齢臭の臭いを消したり、抑えたりは出来ず、汗の臭いには制汗効果のあるデオトラント製品でのケアを、加齢臭には皮脂の臭いを抑えるボディーソープでのケアをするといった臭いの原因に合った方法でケアする必要があるのです。

 

デオトラント製品は汗を臭いを抑える目的で使うのであって、皮脂から臭う加齢臭対策として使うのは有効でないことが分かります。

デオドランドの健康被害

 

デオドランド,臭い

 

ほとんどのデオドランドにはアルミニウム成分が入っていて、これらは毒性のある成分で脇の下等から吸収されてリンパ系を通って主に胸に集まります。女性の乳がんの原因が、デオドランドであるという意見があります。

 

デオドランドに含まれている化学物質として危険性の報告があるものは、防腐や殺菌剤や酸化防止剤の働きをするイソプロピルべチルフェノールです。肌や粘膜を強く刺激する性質があり、皮膚が剥がれやすかったりニキビや吹き出物や蕁麻疹等が起きる恐れがあります。

 

多量に皮膚に付くと、皮膚や粘膜を腐食させて皮膚の毛細血管を痙攣させる等強い障害が起きる可能性があります。イソプロピルべチルフェノールは、環境ホルモン作用の疑いがあり遺伝子等への影響の不安もあります。その他にデオドランドには、皮膚や体への影響が不明な香料が多く使われています。

 

多くの問題やデメリットが、報告されています。デオドランドは不快な匂いを別の匂いで誤魔化しているだけです。真の健康体を手に入れて免疫力が高まると、体内の殺菌力は高まり体から不快な匂い等はしないです。デオドランド等で表面上を取り繕うのではなく、根本的に健康を目指す方が賢明な方法です。

 

肌に付ける成分には、十分注意をします。

Sinai(シナイ)デオドラントの通販購入はこちら!トップページへワキガのニオイがコンプレックスの方、シャツの汗染みや黄ばみが気になる方は、トップページでSinai(シナイ)デオドラントの詳細をチェックしてみてください。